--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

07

コメント

毒親かどうかは紙一重

NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』を観ています。

主人公は「鈴愛(すずめ)」という名前の女の子。
彼女が生まれてから、どのように育ってきたのか
丁寧に描かれていて、
時代背景が懐かしいのもあり、
いつも自分自身と重ね合せながら見ています。

鈴愛は片耳が聞こえません。
そのことを母親は不憫に感じています。

鈴愛が高校3年生になり、就職先を探しているのですが、
試験に片っ端から落ちてしまいます。
そこで、母親は内緒で、おじいちゃんのツテを頼って
農協に就職できるようにお願いしました。

一方の鈴愛は、就職先を探しながら、
自分の好きな漫画家への道を見つけようとしていました。
そして、農協への就職を断って、東京へ行こうとします。

母親「あんたが東京へなんかでやっていけるわけがないやろ?」

私自身も母親から似たような言葉を聞かされました。
なので、ドラマの中でこのセリフを聞いたときには
ムキッとなったものです、笑

ここで親子のバトルが始まってしまうのですが。。。

このときの母親の心情を察すると、
ざっとこんなところ↓でしょうか。
○娘を憐れんでいる。
○片耳が聞こえないから就職先が見つからないと思う。
○娘を自分の手もとに置いておきたい。
○就職の世話をしてくれたおじいちゃんに悪い

これだけ見ると、毒親そのものです。
しかし、鈴愛の母親に毒親らしさは感じられません。

この差はどこからくるのだろうかと考えてみました。

◇家族内での風通しのよさ
鈴愛・父・母・弟・祖父の5人家族ですが、
娘の問題を、母親を中心に弟やおじいちゃんも巻き込んで
みんなで考えている。

◇家族ぐるみでお付き合いしている別の家族の存在
母親が自分の家族の問題を素直に打ち明け、相談している。

地域性もあるのかもしれませんが、
とにかく町内全体が風通しがよいのです。
母親は娘の気持ちも聞き、人の意見も聞き、
最終的には娘を東京に送り出す覚悟を決めます。

毒親になるかならないかは、本当は紙一重なのかもしれません。
要は人の話を聞ける人間なのか、ということだと思います。

鈴愛自身も耳の障害をちっとも否定的にとらえず、
「私にはこういう風に聞こえる(見える)よ」と
大人たちに素直に伝えようとします。
それがタイトルの「半分、青い。」です。

私はこう感じる。
私はこうしたい。

考えてみれば、鈴愛はいつも自分軸でした。
そういう風に育ったのも、母親がいつも
娘の話をよく聞いてあげたからだろうと思います。


関連記事

04

17

コメント

周りのいろんな人

働いていてよかったと思うことの一つに
職場で色んな人間を目の当たりにできる
ということがある。

社員の定着率があまり良くない会社なので、
今まで、色んな人が出たり入ったり。。。
その人たちの多くは、問題を抱え(まき散らして)去っていく。

同じ職場で働く身として、迷惑だなと思うこともあるが、
客観的にみて、この人はどういう人なのかということを
考えるクセはついてきたと思う。

往々にして、自分にも思い当たる節があったり、
気持ちは分かると思ったり、
自分を振り返るうえでも貴重な体験となっている。

去年入社したばかりの若いSクン。
高校・大学と剣道一筋、体格もよく、
体育会系の上司の評判も上々で入社してきた。

ところが、なかなか仕事を覚えられず苦戦。
教育係の20歳も年の離れた女性社員に
毎日しごかれている。

その彼、情緒にムラがあり、だんだん元気がなくなってきた。
教育係の女性社員に明らかに怯えている。
そのうち、体調が悪いと休むこともしばしばだ。

このままミスを続けられると会社としても困るし、
彼自身もこのままじゃ辛いだろう。

最近では、飲み会の席で
実は、前職でいじめられて辞めたんだとか、
心療内科に通っているとか、
発達障害(かもしれない)と言われたとか、
少しずつ身の上話をしてくれるようになった。

家では消防団員の父親が怖いらしく、
社会人にもなって門限を破るとひどく怒られるらしい。
恐らく彼は、家でも会社でも怯えているのはないかと思う。

そんな状態で自分を逃がす唯一の場所として、
自虐を選んでいるようだ。

・・・と、冷静に分析しても、彼自身が変わろうとしなければ
どうしようもないということも、事実だろう。


関連記事

03

14

コメント

ジムとメンタル

今でも細々とジム通いだけは続けているのだが、
最近は行きたくなければ行かないし、
やりたくないことはやらないようにしている。
基本、週1回土曜か日曜に、筋トレ・エアロビクス、
最近はホットヨガのクラスにも入っている。

ジムで自分が何がやりたいかを考えてみると、
メンタルの状態と非常に深くかかわっていることがわかる。

メンタルの状態を三段階で表すと、
筋トレをやりたいと思う時は「良い」
エアロでいいかな~と思う時は「やや低空飛行」
ジムに行くのもめんどくさい時は「不調」である。

筋トレはエアロビクスのクラスでも
声だしが出来ると、まあまあ良くて、
身体だけ動しているときは、あまり良くない。

そんなこんなで、ここ数か月は
メンタルはダダ下がりで
ジムにはあまり行けてなかった。
行ってもヨガで済ませたり、
マッサージで終わらせたり。

先日は久しぶりに筋トレのクラスに入ることができて嬉しかった。
そろそろ長いトンネルを抜け出そうと思う。
関連記事

03

09

コメント

自傷行為あれこれ

セッションで出たテーマ。

あからさまに自分を傷つける行為ばかりが
自傷行為ではない。
自分に優しくできない状態も
自傷行為を続けていると言えるだろう。

もう何カ月も調子の悪い状態が続いている。
どん底じゃないけれど、やっぱり苦しい。
仕事にも行けているが、毎日がしんどい。

毎日喜びのうすい生活を続けているけれど、
それを改善したいという気力が起きない。
改善しなければ、と義務になるから余計苦しい。

この状態も自傷行為なのではないだろうか。

皆と同じものを食べる。
皆と同じことをする。

それが改善の方向だと知っていても
身体がどうしても動かない。

義務として食べて、
義務としてやる。

だから苦しさは続く。
関連記事

03

02

コメント

悲しいシステム

私の中にはどうやら、
「嫌な気持ちを感じなくていいように
出来事そのものを記憶から抹殺してしまうシステム」
があるようだ。

あるいは、
「嫌な気持ちを感じなくていいように
そのものに興味を無くす(あるいは、そう思い込む)
ことでダメージを最小限にするシステム」
もあると思う。

その出来事をそばで見ていた人が
わざわざ知らせてくれなければ、
私自身このシステムに気づくことはなかった。

このシステムの主なメリットは、次の二つだ。
1.嫌な気持ちを感じなくて済む
2.相手を悪く思わなくても済む

1だけならともかく、2が必要だったということは、
悪い人だと思いたくない相手だったということ。
つまり、母親から嫌な気持ちを感じさせられていた証拠だ。

小さなころの記憶が出てこないのも、
おそらくこのシステムが発動したからだろうと思う。

何事にも興味をもてず、人との違和感も多く、
感情が感じられない私のルーツが
分かって良かったと思う反面、
たった一人の母親を守るために、
人生を楽しむことを放棄しなければならなかった
自分が悲しい。

関連記事

プロフィール

けい

Author : けい


大学生の息子と暮らしています。
あなここでACの回復を目指しています。

カウンター

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。