--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

07

29

コメント

セッション代のこと

あなここでセッションを受け初めて、
9年目になります。

しかし、セッション代としてどれくらい払っているか、
今まであまり気にすることはありませんでした。

それは、決して私がお金持ちだからということではなく、
単にお金の出入りに向き合うことを
避けてきたからでした^^;

先日、毎回の振込手数料を節約するため、
9年目にしてやっと、振込専用の口座を開設しました。

取り急ぎ、1ヶ月分のセッション代を
現ナマで入金したのですが、
何枚もの諭吉さんを手にした時
毎月これだけの金額を支払ってるんだと
金額の大きさを、改めて感じたのでした。

決してセッション代が高いという
文句を言っているのではなく、
セッション代の重み、みたいなものを
初めて意識したということなのです。

私はココナラの活動を通して、
自分たちがもし、人様のカウンセリングをする時
どれくらいの報酬をいただこうかと
考えたことがありました。

自分に自信がないので安く……
ついつい、そう考えがちですが、
安い金額ではとてもやってられないよなぁと
そんな風にも思います。

そして、自分が設定した金額だけのことを一生懸命やろう、
相手がその値段に納得するかは別問題、
そんなふうに割り切って考えるようにしました。

そう考えると、あなここのセッション代は
ココナラの何倍もの金額ではありますが、
それだけのことをきんたろうさんやりんりんさんは
私たちにしてくれてるんだなぁと思います。

セッション代が高いか安いか、
そのことがセッションで話題になることがあります。
あなここのセッション代は
相場からするととても安いとも。。。

今までそんな話を聞いても、
ふーん、そうなんだ、
くらいにしか聞いていませんでした。

セッション代を無自覚に払っていくということは、
してもらったことにも無自覚になっている
ということでもあったのです。

それは自分が仕事でどれがけ稼いでいるか
ということにも無頓着だということです。

よく、私は経済的な自力があると
言ってもらっていましたが、
自分ではなかなかそれを認めたくありませんでした。

それは遠慮している、とかではなく、
自分が無力なままでいることが
動け(か)ない理由になっていたのです。

つまり、動きたくないから認めたくなかった
とも言えます。

自分が世間一般でいう経済的な自力があるのか、
あなここのセッション代が相場からすると安いのか、
そこを正しく認識することは、
客観的に物事を見ることにも繋がります。

セッション代が自分にとって
経済的に払えるかどうか、ではなく
してもらったことへの対価として受け取れるかが
大事なのだと思います。

お金の価値を知ることは
自分の価値を知ることでもあるような気がします。





関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。