--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

04

17

コメント

周りのいろんな人

働いていてよかったと思うことの一つに
職場で色んな人間を目の当たりにできる
ということがある。

社員の定着率があまり良くない会社なので、
今まで、色んな人が出たり入ったり。。。
その人たちの多くは、問題を抱え(まき散らして)去っていく。

同じ職場で働く身として、迷惑だなと思うこともあるが、
客観的にみて、この人はどういう人なのかということを
考えるクセはついてきたと思う。

往々にして、自分にも思い当たる節があったり、
気持ちは分かると思ったり、
自分を振り返るうえでも貴重な体験となっている。

去年入社したばかりの若いSクン。
高校・大学と剣道一筋、体格もよく、
体育会系の上司の評判も上々で入社してきた。

ところが、なかなか仕事を覚えられず苦戦。
教育係の20歳も年の離れた女性社員に
毎日しごかれている。

その彼、情緒にムラがあり、だんだん元気がなくなってきた。
教育係の女性社員に明らかに怯えている。
そのうち、体調が悪いと休むこともしばしばだ。

このままミスを続けられると会社としても困るし、
彼自身もこのままじゃ辛いだろう。

最近では、飲み会の席で
実は、前職でいじめられて辞めたんだとか、
心療内科に通っているとか、
発達障害(かもしれない)と言われたとか、
少しずつ身の上話をしてくれるようになった。

家では消防団員の父親が怖いらしく、
社会人にもなって門限を破るとひどく怒られるらしい。
恐らく彼は、家でも会社でも怯えているのはないかと思う。

そんな状態で自分を逃がす唯一の場所として、
自虐を選んでいるようだ。

・・・と、冷静に分析しても、彼自身が変わろうとしなければ
どうしようもないということも、事実だろう。


関連記事
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けい

Author : けい


大学生の息子と暮らしています。
あなここでACの回復を目指しています。

カウンター

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。