11

27

コメント

不安を受け入れる

大学生のとき、テストの結果を
発表前であっても、教授が先に教えてくれるという人がいて、
それならばと、英語のテストの結果を聞きに行ったときのことです。

すると、その教授は
「そうやって聞きに来る人が多いが、一体なぜだね?」
と尋ねてきました。
私は「不安だからです」というと、
教授が「では何故その不安を、君たちは受け入れないんだ?」と言われてしまいました。

その時は、結果を聞きに行っただけなのに、
逆に説教されてしまったことに、
内心腹立たしい思いを抱えつつ、
教授の部屋を後にしたわけですが、
このことはよく覚えていて、
私の中で消化しきれないことの一つでした。

しかし、今になって、教授の言いたいことがわかる気がします。

不安は、出来れば感じたくないもの。
結果を知って、不安を感じる時間を終わらせたい。
若いときは特に、不安への耐久力がありませんでした。

今は少し耐久力はついたかなと思うので、
結果を急いで不安を終わらせるのではなく、
じっくり味わってみて、一体何が不安なのか、
しっかり自分に聞いてみようと思います。




関連記事

プロフィール

けい

Author : けい


大学生の息子と暮らしています。
あなここでACの回復を目指しています。

カウンター

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad