04

21

コメント

熊本地震に際して

突然の出来事、身近な場所で地震が起こった。
避難生活を強いられる人たち。

ニュースを見ながら想像した。
もし、私たち親子だったら?

こんなときに試されるのは、
生きるためのチカラではないだろうか。

大切なのは、モノ・知恵・情報・・・などではなく
人に助けを求めることができるかどうか、なのだと思う。

人との関わりを避けるがあまり、つい
「大丈夫です!」と救いの手を払いのけたり、
「助けてほしい」と人に言えなかったりしてしまう私たち親子。

もし、息子がこの地で一人暮らしをしていたら?
県外に身を寄せる親戚や知人を持たないとしたら?

想像するだけで、今のままではいけないと思う。
生きていくために、
人を助ける以前に、自分が助かるためのスキルを
身に着けなければならない。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けい

Author : けい


大学生の息子と暮らしています。
あなここでACの回復を目指しています。

カウンター

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad