--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

11

29

コメント

「ニュー・シネマ・パラダイス」

今月の女子会で好きな映画について語り合った。
私と映画との出会いは、元旦那。
彼はたくさんの映画を私に見せてくれた。
やがて、私も自分で映画館に足を運ぶようになり、
たまたま見に行って、感動した映画が
この「ニュー・シネマ・パラダイス」。

今度は私が彼を真似て、私の好きな映画と紹介して
ビデオをいっしょに見たのだが、彼はひとこと
「この映画のどこがいいの? ノスタルジックなところ?」と。

残念ながら感動を共有することはできなかった。

そんな苦い思い出もよみがえってきたこの映画。
女子会が先輩のお通夜の翌日ということもあり、
自分の置かれた状況と、この映画の主人公が重なる部分がかなりあった。

しかし、自分の感動ポイントを女子会でうまく話すことができず、
自分を閉じる方向であったという後悔もあり、
改めて映画のことをブログに書いてみたいと思う。

女子会でも、元ダンと同じように、
この映画が良いという人と良さがわからないという人がいた。
ネットで調べてみても、☆5つの人と☆1つの人がいて
評価がはっきり二分している映画なのだと知った。

この映画は120分の劇場版と170分の完全オリジナル版があるようだ。
私が見たのは劇場版、元ダンと一緒に見たのはオリジナル版だったか?
そこはよく覚えていないのだが、昨日改めて、170分の方を借りて見直してみた。

今の私が見ると、20代のころとはまた違った視点から見ることができる。

主人公は今の私と同世代になっていた。
30年以上も故郷に帰っていない。
友達であり父親がわりであった人が亡くなったという知らせに
久しぶりに故郷に戻る主人公。

以前のように自分のことを覚えていて、みんなが出迎えてくれるのだが
その地に自分の居場所はないことを悟る。
主人公はいつまでも叶わなかった初恋を引きずっていて、
故郷の地で、一つ一つに区切りをつけていくようすが描かれている。

彼女との再会や、なぜ引き裂かれてしまったのかなど、
この辺は劇場版ではカットされていた部分のようだが、
今の私が見ると、ここはストーリーに入れてほしいと思う箇所だ。

知らされなければ自分も傷つかず、人を責めなくてもよかったということもある。
しかし葛藤しながらも、主人公が最終的にそれを受け入れていく様子が
今の私に訴えてくる部分でもあった。

ラストシーンの解釈は人それぞれ。
私は、「いつまでも映画が好きで、主人公のことを思い続けている人」の存在がある
ということが、主人公に伝わって、感動的なラストだと思う。
関連記事
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。