--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

06

09

コメント

息子のレポート

息子の大学で
「身近な大人にインタビューして、その人の半生をレポートする」
というのがあるそうです。

息子曰く「身近な大人が『私』しかいないから」ということで、
私がご指名を受けました。
つまり、母親の半生を息子がまとめることになるわけです^^;

自分でも目を背けていた自分の半生が、
息子の手によって白日の下にさらされてしまいます・・・。
あーこれはもう腹をくくるしかないなと、観念しました。
というより、そろそろそういう時期に来たのかもしれません。

今まで数回にわたって、息子からインタビューされました。

なぜ、その学校を選んだの?
なぜ、その部活を選んだの?
なぜ、その仕事を選んだの?
なぜ、その場所を選んだの?

息子は私の話を聞きながら、
私の思考(志向・嗜好)を探っているようでした。
当然のことながら、息子の思っている母親像と、
私が普段見せている母親像にはズレがあります。

私は今まで、息子に自分のことを語って来ませんでした。
特に、元夫の事は触れてはいけない部分であり、
息子にとっては聞いてはいけない部分でした。

息子の質問は容赦なく続きます。

お父さんといつから付き合ってたの?
付き合うきっかけは?
どうして離婚したの?

「・・・・あんたにどこまで話していいか・・・」と私が躊躇していると、
「別に話してもいいよ。もう俺、二十歳やし。」
そう言ってくれた息子を見て、
事実を受け止めようとする覚悟を固めたように感じました。

私は極めて淡々と、事実だけを話して聞かせました。

が、息子にとって、やはりそれは予想外の内容だったようで
「俺、もっと、どうしようもないような理由で別れたと思ってた」と言いました。
息子がどう気持ちの処理をしたのかはわかりません。

6月に入り、息子は規定どおりのA4サイズ4~5枚のレポートを
書き上げたようです。

見せてはくれませんが^^;

でも、少しはこれをきっかけに、息子と腹を割った話が出来たのではないかと思います。

関連記事
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けい

Author : けい


大学生の息子と暮らしています。
あなここでACの回復を目指しています。

カウンター

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。