05

02

コメント

実家を出て3年経ちました

親元を離れてみて身に沁みたことは、
私は一人では何もできないのだ、ということでした。

実家の息苦しさはずっと感じていて、
離れれば楽になれると思っていましたが、
今でも楽になったとは思えません。
相変わらず楽しむことも苦手です。

楽しさがわからないで、この先あと何十年も、
どうやって生きていけばいいのだろう。
息子にも、楽しむことを教えないといけないのに、
どんどん時だけが過ぎていってしまいます。

実家を出るとき、
私はあなた(母)無しでも生きていける、
息子も私一人で育てていく、
という気持ちは強くありました。
一人暮らしをしていた時期も長かったし、仕事もしているので、
それなりの自信もあったのです。

しかし、私には人生を楽しむ術がなかった。
そして、子どもをまともに育てられないこともわかった。

実家を再び出ることで、私は自分の不完全さ、無力さを
思い知ることになりました。

05

21

コメント

10日が経ちました。

友人がくれた『引越し祝い』です。
ハーブの種を植えて芽が出るまでは蓋をしています。
種類は「イタリアンパセリ」「ミント」「レモンバーム」の3種。

引越し祝い

息子との2人暮らし、出だしはまずまず好調です。

家賃は高めだけど、会社から徒歩5分の立地条件はなかなかGoodです。
通勤時間も短縮できるし、昼休みに帰ったりもしています。

相変わらず息子は1日30時間の生活サイクルで自分のペースは崩しません。
でも、少し遠慮もしているのか、あまりわがままを言わなくなりました。
特に食べるものについてのわがままはヒドかった^^
これでいるも母がキレていましたから。

引っ越して数日はネットがつながらなかったので、どうするかな~と
見ていたら、本を読んだりテレビみたりして過ごしていたようです。
文句もあまり言わなかったな~。

実家では夜中にゴソゴソやって、母が寝られずにストレス溜めてたんですが、
ここはマンションなんで隣がうるさくないかと心配していました。
息子に「周りに迷惑だから夜中は静かにしてね」というと、
やっぱり気を使ってくれているみたいです。

買い物については、母が日ごろ食材を買い込み過ぎていたのがイヤで、
私はできるだけムダがないように最小限の買い物しかしないので
(いやむしろ足りないかも・・・、笑)
ジュースやアイスも私は「もうないから後は自分で買いに行ってね~」と言うと、
我慢してます(笑)
そんなに外に出たくないのかって思いますけど・・・。

食事のとき以外は息子は部屋にこもってパソコンしてます。
パソコンに向かっているときはいつもイヤホンをつけているので、
2階建ての実家では大声で「ごはんよ~」と叫んでもなかなか返事をしない。

私、イライラ。

と、こんな感じだったのが、2LDKなんで、呼べばすぐ返事がくる。
これでかなりストレスが減りました。
飲み忘れがちだったてんかんの薬も、私の目の届くところにあるので
今ではちゃんと飲んでます。
狭くなった分、息子との精神的な距離も同時に縮まったように思います。

今はあまり私自身がブログを書く時間が取れないのですが、
それでもこの忙しさは結構楽しいです。(今のところ)

とりあえず、近況報告でした^^

05

07

コメント

いよいよ大詰め

いよいよ引越し作業も大詰めとなりました。

元々、引越し代金を安く上げたいために、出来る限り、荷物の移動は
自分でやって、大きな家具など自分1人では運べないものだけ
引越し屋さんにやってもらうつもりです。

できればこの作業で、息子の手を借りたいのですが、
息子は「めんどくさい」をしきりに繰り返し、自分の荷物を
箱に詰めることすらしません。

ちょっと私もイライラ。

息子の心理状態を推測すると・・・。

 めんどくさいな~
 別に引っ越さなくても、ばあちゃんの家があるし・・・
 引っ越したら、お母さんご飯とかちゃんと作ってくれるンかな・・・


と、こんなところだと思います。

私は息子が動くまで放っておいたらいいんでしょうか。

 もし、引越しの当日に息子の荷物の移動ができていなかったらどうしよう
 引越しの言いだしっぺは私だし、息子の生活環境を変えてしまう
 のは申し訳ないかなぁ


これが私の心理状態。息子にかなり遠慮してますねー。

元々何でも自分ひとりで抱え込んでやってしまう性格で、今回の引越しも
わたし1人でかなりの荷物を運び込みました。
人に甘えるのがヘタなんですよね。
だから結婚できない(っとこれは置いといて・・・)

いつまでも動かない息子をみてイライラするよりも、自分が荷物をさっさと
箱詰めして運んでしまいたいっていう気持ちもあるんですが、
これってやっぱり先回りですかね?

05

03

コメント

引越日が決まりました

引越し業者に来てもらいました。
できるだけ安く、というこちらの希望をかなえてもらいました。
あと、8日でお引越しです。

実は、母は連休前に懐かしい友達に会う約束をしていました。
ちょっとこれが厄介なのですが、どうやら借金をしに来るようです。

私は、やめといた方がいいんじゃない?と忠告したのですが、
母は懐かしい気持ちや、助けてあげたい気持ちもあり、
たぶんお金を貸すのだと思います。

私も、自分の考えは言いましたが、ここから先は「母の問題」と割り切って、
それ以上口を出さないようにしようと思います。

母は、私が連休中に引っ越してしまうと考えていたようで、
連休後の土日にその友達を家に呼ぶつもりだったようです。
私や息子が居ない時のほうがいいと思っているのだと思います。

想像するにその理由は2つ。
1.ひきこもり中の孫を人目に触れさせたくない
2.私がそばにいると、お金を貸すのを反対されるから

でも今日、業者との打ち合わせで5月11日の火曜日の午後という、
安い時期に引っ越すことが決まりました。
それで、さらに友達を呼ぶ日を1週間ずらしてもらうようです。
私の荷物の整理を先回りしてやってくれていたのは、
早く出て行って欲しかったから? 

決して、追い出すつもりではないとは思いますが、
母も本音では、私や息子が家を出ることを歓迎している様子です。
やはり近所の目はすごく気になるらしい。
実は例のパンダのマークの引越しやさんに頼む予定なのですが、
「あの仰々しいトラックはイヤやね~。」としきりに言っています。
私や息子の引越しもできるだけひっそりとやって欲しいようです。
まあ、実家は母が家の顔としてずっと住み続けているので
気持ちはわかりますけどね。

私は私で、家を出たいとなかなかいい出せなくて、もしかしたら
お互いが「出て行って欲しい」「出て行きたい」と言えずに
我慢をしていたのかもしれません。

やはり、今が家を出るいいタイミングなのだろうと思います。
息子の不登校が、私の背中を押してくれる形となりました。



05

02

コメント

少しずつ引越し

息子と二人で小さな荷物を少しずつ運んでいます。

息子は相変わらず家でパソコンに向かっていますが、
昼間はときどき「あ~ ヒマだな~」とつぶやいているので、
アルバイト代わりに頼みました。

「車に荷物を詰めるだけ詰めて、実家←→新居を一往復して500円」
という私の提示に、息子は「700円にして」と値を吊り上げて、
「まあしょうがないねー」とそれで手を打ち、手伝ってもらったら、
思いの外キツかったようで、息子「これじゃ1000円分の仕事だ!」
と文句を言い出しました。

で、結局1000円×2往復の2000円のバイト料。
おまけに、夕食は息子の好物の寿司となりました。
思わぬ出費です。

100円寿司のお持ち帰りなんですが、
いつも2000円以上はペロリと平らげます。

でも、気分が変わるのか、いつもは口にしない話もでました。

・家賃の話
 ↓
・私の給料の話
 ↓
・私の出身大学や高校の話
 ↓
・偏差値の話
 ↓
・息子が去年受けた模擬テストの話 と続いて行きました。

やっぱり気になってるんだなあ。